医療法人阿部診療所

内視鏡検査とは

内視鏡検査について

内視鏡検査とは?

内視鏡検査とは?

内視鏡検査とは、口・鼻または肛門から内視鏡を挿入して、胃や腸などの消化管を直接観察する検査です。胃がんや大腸がんなどの大きな病気の早期発見・予防に有効なほか、胃ポリープ・大腸ポリープ、胃潰瘍・十二指腸潰瘍、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病)などの発見にも高い効果を発揮します。

現在、胃がん・大腸がんは「予防できるがん」とされています。しかし、そのためには内視鏡検査の受診が欠かせません。

内視鏡検査に対して「つらい」「痛い」「苦しい」などのイメージを持たれている方も多いと思いますが、現在では、検査機器の性能、そして検査を実施する医師の技術も向上していますので、以前よりも少ない負担で受けられるようになっています。

見逃しの少ない検査・負担の少ない検査を実施

見逃しの少ない検査・負担の少ない検査を実施

奈良県生駒市の阿部診療所でも、「NBI(狭帯域光観察)」という特殊光を搭載した最新の内視鏡システム「EVIS LUCERA ELITE」を導入するなど、見逃しのない検査を目指すとともに、経鼻内視鏡検査(鼻から内視鏡を挿入する方法)や、静脈内鎮静法下で検査を行うなど、苦痛の少ない検査を実施しています。

気になる症状がある方や、職場などの健康診断で異常を指摘された方はもちろん、40歳を過ぎてもまだ一度も検査を受けたことがない方などは、病気の早期発見・早期治療のためにも、当院で内視鏡検査を受けられることをおすすめします。

内視鏡検査の種類

上部消化管内視鏡検査(胃カメラ検査)

内視鏡を口または鼻から挿入して、食道、胃、十二指腸などを直接観察する検査です。早期の食道がん・胃がんの発見に有効なほか、逆流性食道炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍、ヘリコバクター・ピロリ菌感染症などの病気の発見に役立ちます。

※胃カメラ検査について詳しくはこちら

 

下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ検査)

内視鏡を肛門から挿入して、直腸から盲腸まで大腸の内部を隅々まで観察する検査です。大腸がんや大腸ポリープの発見に有効なほか、大腸炎の原因検索にも有効です。さらに大腸ポリープが見つかった時には、内視鏡的切除を行うことが可能です。

※大腸カメラ検査について詳しくはこちら

検査担当

検査担当医師

検査担当医師

日本消化器内視鏡学会認定の「内視鏡専門医・指導医」である副院長が、検査・治療を担当します。

検査担当看護師

日本消化器内視鏡学会認定の「内視鏡技師・看護師」が、検査助手を担当します。

0743747277 0743747277

top