医療法人阿部診療所

大腸カメラ検査について

大腸カメラ検査はこんな方におすすめです

  • 40歳以上の方
  • 大腸がんの既往歴がある方
  • 大腸がんの家族歴がある方
  • 大腸ポリープを切除したことがある方
  • 便通の調子が悪い方(下痢・便秘)
  • 便が細くなった方
  • お腹が張っている方
  • お腹に痛みがある方
  • お腹に違和感がある方
  • 体重が急に減った方
  • 貧血気味の方
  • 便潜血検査が陽性だった方

など

大腸カメラ検査はこのような方におすすめです。特に症状がない場合でも、40歳を過ぎたら、年に1回の定期的な検査をおすすめします。是非、奈良県生駒市の阿部診療所までご連絡ください。

大腸カメラ検査について

大腸がん・大腸ポリープの発見などに有効な検査です

大腸がん・大腸ポリープの発見などに有効な検査です

大腸カメラ検査とは、内視鏡を肛門から挿入して、直腸から盲腸まで大腸の内部を隅々まで観察する検査です。大腸がんや大腸ポリープの発見に有効なほか、大領ポリープが見つかった時には、内視鏡的切除を行うことが可能です。

大腸がんは現在、胃がんを抜いて日本人のがんの第2位です。しかし、大腸がんに進行するリスクが高いポリープを見つけて、切除することで、大腸がんは予防することが可能です。是非、当院で年に1回の定期検診を受けられて、大腸がんなどの病気を予防するようにしてください。

大腸カメラ検査でこんな病気が発見できます

  • 大腸がん
  • 大腸ポリープ
  • 炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病など)
  • 虚血性腸炎
  • 感染性腸炎
  • 大腸憩室症

など

当院の大腸カメラ検査の特徴

大腸カメラ検査数1万件以上の専門医による検査

大腸カメラ検査数1万件以上の専門医による検査

当院では、日本消化器内視鏡学会認定の「内視鏡専門医・指導医」による、精度の高い検査を受けていただくことができます。これまでに大腸カメラ検査を1万件以上実施するなど、豊富な実績がありますので、安心してお任せください。

小さな病変も見逃さない精度の高い検査

小さな病変も見逃さない精度の高い検査

患者様にレベルの高い内視鏡検査をご提供するために、当院では、オリンパス社製の、最新内視鏡システム「EVIS LUCERA ELITE」や、拡大観察できる高性能スコープなどを導入しています。早期がんの発見に有効な「NBI(狭帯域光観察)」や、拡大倍率80倍の光学ズームにより、小さな病変も見逃さずに発見します。

痛くない・苦しくない検査を実施

痛くない・苦しくない検査を実施

当院では、大腸カメラ検査を行う時、基本的には静脈内鎮静法を行います。これにより、眠っているのとほとんど同じ状態で、検査を受けていただくことができます。

また、大腸カメラ検査時に痛みが発生する原因は、大きく「腸が伸ばされる時」と「空気を送気する時の腹部の張り」の2つです。当院では、これらを軽減するために、腸のひだを丁寧に短縮しながら内視鏡を挿入する「軸保持短縮法」という方法を行っています。また、検査後の腹部の張りを抑えるために、空気ではなく、生体吸収性に優れた炭酸ガスを使用しています。

大腸ポリープの日帰り手術に対応

大腸カメラ検査で、大腸ポリープが発見された場合には、その場で内視鏡的切除を行うことが可能です。大腸ポリープは日帰りで受けていただけます。

当院の内視鏡検査担当医である副院長は、大学で大腸腫瘍を専門的に学びました。そのため、どういう腫瘍ががんに繋がるのか、どういうポリープが発がんしているのか、また、その進展度など、観察すれば一目でわかる豊富な知識・経験を持っています。

大腸カメラ検査の流れ

1.事前診察

検査前に診察を行い、問診、腹部の触診のほか、血液検査などを行う場合があります。その後、検査について詳しくご説明します。

※胃カメラ検査を一緒に受けていただくことも可能です

診察時にご持参いただきたいもの
  • 健康保険証
  • (服用中のお薬がある方)お薬手帳など、お薬の内容が分かるもの
  • (検診や人間ドッグで異常を指摘された方)検査結果一式

2.検査前日

夜9時以降は絶食でお願いします。なるべく消化に良いものをお召し上がりください。夜に下剤を服用していただきます。

※お食事の内容や制限事項、下剤の服用方法などにつきましては、事前診察時に詳しくご説明します

3.検査当日

ご自宅で前処置

ご自宅で、朝から2時間程度かけて下剤を服用していただきます。腸の中が空っぽになったら、お昼ごろに当院へご来院ください(ご来院時間は、事前にお伝えさせていただきます)。

院内で前処置

院内でも前処置を行っていただけます。男女別の専用トイレが設置された「内視鏡検査専用スペース」がございますので、外来患者様の目を気にせずに、前処置していただけます。

4.静脈内鎮静法

前処置が終わりましたら、内視鏡検査室へお入りいただきます。全身状態を確認したうえで、静脈に鎮静剤を投入します。これにより、ほとんど眠っているのと同じ状態で、検査が受けられるようになります。

※ご希望により、静脈内鎮静法を行わずに検査することも可能です

5.観察

内視鏡を挿入して観察します。観察時間は20分程度です。ただし、大腸ポリープを切除する場合には、さらに時間がかかる場合があります。

6.検査終了

検査が終わりましたら、意識がはっきりするまで、リカバリースペースでお休みいただき、その後、検査結果をご説明します。

検査終了後の注意点

検査終了後も麻酔の影響が残る場合がありますので、自転車・バイク・お車でのご帰宅はお控えください。ご家族の方に送迎してもらうか、公共機関をお使いになられてご帰宅ください。

※その他の注意点について詳しくはこちら

よくある質問

大腸カメラ検査ではどんな病気が発見できますか?

大腸がん、大腸ポリープ、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病など)、虚血性腸炎、感染性腸炎、大腸憩室症、痔などの病気が発見できます。

検査をすすめるのはどんな方ですか?

大腸がんの既往歴・家族歴がある方、大腸ポリープを切除したことがある方、便潜血検査が陽性だった方などにおすすめしています。下痢・便秘、腹部の張りや痛み、貧血などの症状がある方にも、検査をおすすめしています。しかし、特に症状がない方でも、年に1回の定期的な検査をおすすめしています。

前処置は院内で行えますか?

はい。当院では、皆様にもっと気軽に内視鏡検査を受けていただくために、外来診療とは別に「内視鏡検査専用スペース」を設けています。男女別の専用トイレもありますので、外来患者様の目を気にせずに、安心して院内で前処置していただけます。

検査時間はどれくらいですか?

観察時間そのものは、20分程度です。ただし、前処置に2~3時間程度かかります。大腸ポリープを切除する場合には、さらに時間がかかる場合があります。

大腸ポリープが見つかったら切除してもらえますか?

はい。大腸カメラ検査時に大腸ポリープが見つかった場合、内視鏡的切除を行うことが可能です。

大腸カメラ検査の費用を教えてください

保険適用の場合、1割負担の方で約2,000円、3割負担の場合で 約6,000円程度です(大腸カメラ検査のみ)。

詳しくは「検査の費用」をご覧ください。

 

0743747277 0743747277

top